保護者の皆さんへ [概略]

  心身ともに健全な、自ら考え行動できる選手を育て、“自立した選手”の集合体である“自律したチーム”となるため、
指導(コーチング)はスタッフに任せていただき、

『ゆっくりと見守るお子さんのベストサポーター』


であることを心掛けましょう。

  保護者の皆さんも、「クラブファミリー=表現者」の一員です。会場では、私たちの取り組みを他チームにも共感していただけるよう選手たちと同様に、 “魅力ある行動”を心掛けていただきたいです。


ご自宅での事前準備
  • 身につけるもの(スパイク・シューズなど)、ボールの手入れはお子さん自身で
  • お子さん自身で持ち物の準備を(一つずつできること増やす)
  • バランスの取れた食事、自宅からの熱中症対策として水分・ミネラル分を積極的に摂取
  • 爪の長さの確認(目安:手のひらを目の高さで目視し、爪がはみ出ていないか)
  • 十分な睡眠時間の確保
  • 当日は余裕をもって準備し、できる限り排便を済ませてから出発


  • 試合(活動)会場
      試合は選手が一番成長できる機会です。その機会を奪わないよう、
    選手たちが、自分で準備。自分で行動。自分で片付け。
    どんどん大人になっていく選手たちを、できるだけ遠くから頼もしく見守ってください。

      会場で出会った瞬間からその場を離れるまで、皆さんも対戦チームや関係者を魅了しつづける、「表現者」であることを忘れずに行動してください。
  • 選手自身による、自分なりの判断・トライを応援
  • ご自分のお子さんだけでなく、チームの仲間にも声援を
  • 相手チームを尊重し、相手の良いプレーにも拍手を
  • レフェリーの判定はどんなものであっても尊重し、異議は絶対に唱えない


  • 試合(活動)後
      お子さんの話をたくさん聞き、その行動を認め、たくさん褒めてあげてください。
      プレーで失敗があれば、お子さん自身もそのことには気付いています。くれぐれも、反省(お説教)会とはならないようご注意ください。

      お子さんががワクワクした気持ちで次の活動日も迎えることができるよう、一日の締めくくりを穏やかで楽しく過ごしていただければ幸いです。