クラブ理念

 高校生以降の年代で大きく躍進できる “ 『自立』した素晴らしい人物 = 素晴らしいサッカー選手 ” となれるよう、未就学児~中学生を一貫した方針によるチーム活動で選手育成を行うことをもって青少年の健全育成に寄与する。

ークラブ選手育成方針ー
■ “ Players First !! (選手を第一に) ” を徹底する。
自立のため選手自らが論理的に考える力を養う

■ “リスペクト” 精神を養う。
 ● クラブの仲間・対戦相手を大切に思う
 ●家族とすべての活動関係者への感謝の気持ちを忘れない
 ●道具を大切にする

■プレーの“ 引き出し ” を増やす。
 ●集中した状態の意識付け(よく観て・よく聴き・よく感じ取り、よく理解する)
 ●基礎技術の体得(止める・運ぶ・蹴る、視野の確保)
 ●個人・グループ・チーム戦術の体得、ポジション別トレーニング
 ●基礎体力の向上
 ●判断のための知識と経験(学業の重要性、高いレベルのサッカーに触れる、サッカー以外の見聞)
 ●コーディネーショントレーニング(修練された各要素を瞬時に発揮するため)
 ●コミュニケーション能力の向上(他人の意見に耳を傾けること、自分の意見を持つこと、自己アピールできること)
 ●栄養指導(バランスの取れた食事とそのタイミング、良い食習慣)と規則正しい生活リズム

を、状況に応じて瞬時に最善のプレーを判断し正確に実行できるよう、選手の個性と成長を常に把握し重点的に行う。

■“ 良い習慣 ” をピッチの内外で身につける。
 ●社会のルールとクラブ行動規範を遵守する
 ●サッカーの研鑽だけでなく学業に励み修養を積む
 ●サッカーと学業を両立していけるよう時間管理ができる力を養う

◆エンブレムとサッカースタイル
  碧南FCのエンブレムには、その頂点に王冠が、下部には豊かな海に面した碧南市の花・花しょうぶをあしらったボールが、勢いある波に乗っている様子が描かれています。
  会員=クラブが成長の波に乗り未来へ突き進んで欲しいという願いと、勝利を目指しゴールを奪い・守るため、“ 波状 ”という言葉のように『チーム全員が試合終了まで攻守に渡り何度も途切れることなく次々とチャレンジし勝利(栄冠)を掴み取る!』というクラブが目指すサッカースタイルを表現しています。