クラブ理念

■育成に関する基本的な考え
 ユース以降の年代で大きく躍進できる選手を数多く輩出することができるよう、 ジュニアユースまでの年代を地元・碧南で一貫した方針によって『引き出しの多い選手』 を育成を目指す。


◇『引き出しの多い選手』の育成
 状況に応じて最善のプレーを瞬時に判断し、正確にプレーするための「引き出し」を増やす。
  ・Players First ! の徹底(考える力と自立)
  ・集中した状態の意識付け(よく観て・よく聴き・よく感じ取り、よく理解する)
  ・基礎体力の向上(成長に合わせたフィジカルトレーニング、
   バランスの取れた食事とそのタイミング)
  ・基礎技術の習得(止める・運ぶ・蹴る、視野の確保、フットサルの活用)
  ・成長に合わせた個人戦術、グループ戦術、チーム戦術の習得と
       ポジション別トレーニング
  ・判断のための、知識(学業の重要性、高いレベルのサッカーに触れること、
   サッカー以外の見聞)と経験(様々なポジションの経験)
  ・コーディネーショントレーニング(修練された各要素を瞬時に発揮する)
  ・コミュニケーション力(遠征先でのホームステイなど)
  ・社会のルール、クラブ行動規範の遵守(ピッチ内外での良い習慣を身につける)
   ※クラブに関わるすべての大人が子供のお手本
   などを、選手の個性と成長、サッカーのトレンドを常に把握し育成をおこなう。

◇優れた選手を育てるための優れた指導者の育成
 質の高いトレーニングをおこなうため、積極的に各種ライセンス取得や講習会を受講し、 スタッフ間で内容の共有のためスタッフミーティングを一定の頻度で行う。 全体と各カテゴリで育成方針や指導内容を共有する。
       

■クラブの将来像
 碧南市サッカー協会ビジョンと活動指針に則り、女子を含めシニアまでの全年代カテゴリーで活動を行い、 地域の星たる選手と地域を担う人材を輩出し続けるサイクルを構築する。
碧南におけるスポーツ文化と生涯スポーツの中心的存在となる。 複合競技を楽しめるクラブとなるため他種目と連携し、「碧南型スポーツシューレ」整備を目指す。